犬 療法食

犬の療法食とは

療法食とは、「完全無欠で理想的な食事」のことではありません。

 

本来、療法食というのは名前のとおり病気の治癒を目的として「一時的」に食べるためのドッグフードです。ある特定の疾病等に栄養的に対応するため、その特定の症状に合わせて栄養バランスが考えられたドッグフードのことです。薬ではありません。

 

人間であれば、例えば心臓病である場合は塩分を控え、糖尿病になった場合は、食物繊維を摂るなど、病気によってそれまでの食事の内容を変える必要が出てきます。

 

同じように、ペットにも治療のために食事の内容を考えることが必要となります。
病気にかかった場合、人間同様に症状を悪化させる栄養素を減らしたり、特定の栄養素を増やしたりしてあげないといけません。しかしながら、飼い主さんがペットの病気に合わせて、毎日食事を作るのはほとんど不可能に近いことです。

 

そこで、病気の種類や症状にあわせた療法食が作られるようになりました。
療法食には症状に応じたものが各メーカーから販売されています。「尿石症」「腎疾患」「肝疾患」「消化器疾患」「アレルギー」などに対応したものがあり、食事の種類もウェットタイプ、パウチ、ドライタイプなどフードの種類もさまざまです。

 

現在の現場では、高度な治療や高額の治療を避けて食事療法がメインとなることが多いように思います。その分食事療法は守備範囲が広く、大きな役割を持ちます。日々身体を作っているのは毎日の食事であり、病気の原因を根本から見直す効果的な療養法と言えるかもしれません。

 

ただ正しい知識を得ないまま療法食を与えていると、疾病の無い猫さんに長期的に与え続けると栄養バランスがくずれかえって悪影響を与える場合もあります。犬の処方食・療法食では、人間と違って安全性が不明なので、最初に確認することは当然なことです。安全性が確保されていると仮定すると、人間と同じように、栄養バランスが良いドッグフードや手作り食を適量食べることで、ほとんどの病気などに対応できるはずです。

 

何か必要なのか、本当に療法食が必要なのか、専門の獣医と相談した上で用いるといいでしょう。

 

 



犬の療法食とは関連ページ

犬の皮膚疾患
愛犬ワンコの病気皮膚病やアレルギーなどなどありますが対策と予防について解説します。
犬の脱毛の主な原因
「夏の初めから夏」以外の季節に全身の毛や体の一部の毛が異常に抜けるようであれば異常を疑った方がいいでしょう。考えられる原因として皮膚病、ホルモン分泌の異常
犬の食物アレルギーの主な原因
犬の食物性アレルギーは、摂取する、肉、卵、牛乳、穀物類、添加物、などのある特定の食物に対して、犬の体が敏感に反応するのが原因です。