ワンコの皮膚疾患

ワンコの皮膚疾患

かいせん症

体の柔らかい耳や、おなかなどに発症する。激しいかゆみがありひっかいたり噛んだりする為、出血やかさぶた、また脱毛も起こる場合、イヌセンコウヒゼンダニによるかいせん症だと思われます。
すべての犬種にかかりやすい病気です。

犬のアトピー性皮膚炎

犬アレルギー性皮膚炎はかゆみが強く犬がひっかいたり噛んだりする為、皮膚が傷つき出血や潰瘍が出来たり、悪化すると脱毛したりもする。最初は皮膚炎の種類によって症状が出る部分も違うが進行とともにどの皮膚炎も全身に広がっている場合、アレルゲンを鼻や口から吸い込んで起こるアトピー性皮膚炎だと思われます。
ウエスト・ハイランド、ホワイト・テリア、ゴールデン・レトリーバー、シー・ズー、シェパード、柴、ビーグル、ラブラドール・レトリーバー、ボクサー、コッカー・スパニエル、などがかかりやすい病気です。

膿皮症

症膿皮症は軽ければ皮膚が赤くなったり発疹程度ですが、皮膚の奥まで感染すると膿が出たり熱がでたりもします。かゆみが強くひっかいたり噛んだりすることで脱毛したり、唇の下、しわの間などに起こりやすい症状です
イングリッシュ・セッター、コッカー・スパニエル、ブルドッグ、ペキニーズ、などがかかりやすい病気です。

皮膚真菌症

皮膚真菌症になると円形状に毛が抜け、進行とともに全身に大きく広がっていきます。かゆみはなく最初は顔や耳、頭から発症しのちに全身に現れてきます。特に免疫の弱い高齢犬は全身に広がりやすいようです。
すべての犬種がかかりやすい病気です。

脂漏症(しろうしょう)

皮脂の分泌が悪くなり乾燥し皮膚がカサカサになる乾性型と過剰な皮脂により皮膚がベタベタする脂性型があります。脂性型は外耳炎にかかりやすくなったりし耳、目、乳頭の周りによく起こります。両者ともフケが多く出て細菌の増殖によりにおいが臭くなってきます。
コッカー・スパニエル、シー・ズー、スプリンガー・スパニエル、シャー・ペイ、アイリッシュ・セター、ダックスフンドなどがかかりやすい病気です。

ツメダニ症

症状-ツメダニが寄生するとフケが重なり強いかゆみが出ます。背中にそって毛が抜けることがよく見られます。
すべての犬種がかかりやすい病気です。

犬の皮膚疾患関連ページ

犬の脱毛の主な原因
「夏の初めから夏」以外の季節に全身の毛や体の一部の毛が異常に抜けるようであれば異常を疑った方がいいでしょう。考えられる原因として皮膚病、ホルモン分泌の異常
犬の食物アレルギーの主な原因
犬の食物性アレルギーは、摂取する、肉、卵、牛乳、穀物類、添加物、などのある特定の食物に対して、犬の体が敏感に反応するのが原因です。
犬の療法食とは
療法食とは、「完全無欠で理想的な食事」のことではありません。本来、療法食というのは名前のとおり病気の治癒を目的として「一時的」に食べるためのドッグフードです