犬 脱毛 原因

犬の脱毛主な原因

犬は通常、夏に季節が変わる頃に、気温の上昇に体が反応して、冬毛が抜け落ちます。

 

また、これ以外の季節でも犬の毛は常に少しずつ抜け変わり、その後、新しい毛が生えて、正常な状態を保っています。
しかし、もし「夏の初めから夏」以外の季節に全身の毛や体の一部の毛が異常に抜けるようであれば異常を疑った方がいいでしょう。考えられる原因として皮膚病、ホルモン分泌の異常、外部寄生虫の寄生などが考えられます。

 

脱毛症(抜け毛)の原因には、アトピー性皮膚炎のほか、ノミ・ダニなどの外部寄生虫による皮膚炎、カビや細菌による感染症、ホルモン異常など、様々な要因が考えられます。
このうち、アトピー性皮膚炎や 外部寄生虫、細菌などの感染による脱毛の多くは、かゆみや炎症、発疹をともなうことが多いです。部分的な脱毛の場合にはノミやダニなどの寄生を疑います。脱毛の原因には素人にはなかなか突き止められず、放置しておくと慢性化したり症状がひどくなるので、早めに獣医師の診察を受けるといいでしょう。カビが原因の場合は10円ハゲのような円形脱毛が見られることもあります。

 

また、内分泌性疾患によるものでは、かゆみがほとんど見られないことがあります。初めのうちは両耳の毛が薄くなることから始まり、次第に四肢を除くほとんどの毛が左右対称に抜ける場合には、ホルモン分泌の異常が考えられます。脱毛を生じる内分泌性疾患には、ホルモンの過剰分泌によるクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)や、ホルモン量の低下による甲状腺機能低下症な どがあります。また、アロペシアXと呼ばれる原因不明の脱毛症もあり、これはポメラニアン、チャウチャウ、キースホンドといった北方系の犬種において見られることがあります。また遺伝的な要因が関与しているカラー・ダイリューション脱毛症(CDA:淡色被毛脱毛症)と呼ばれる脱毛症もあり、これは薄色・被毛の犬に認められ、ドーベルマン、ミニチュア・ピンシャー、ダックスなどに見られるようです。

犬の脱毛の主な原因関連ページ

犬の皮膚疾患
愛犬ワンコの病気皮膚病やアレルギーなどなどありますが対策と予防について解説します。
犬の食物アレルギーの主な原因
犬の食物性アレルギーは、摂取する、肉、卵、牛乳、穀物類、添加物、などのある特定の食物に対して、犬の体が敏感に反応するのが原因です。
犬の療法食とは
療法食とは、「完全無欠で理想的な食事」のことではありません。本来、療法食というのは名前のとおり病気の治癒を目的として「一時的」に食べるためのドッグフードです