犬 食物アレルギー 原因

犬の食物アレルギーの主な原因

犬の食物性アレルギーは、摂取する、肉、卵、牛乳、穀物類、添加物、などのある特定の食物に対して、犬の体が敏感に反応するのが原因です。

 

そしてその食物性アレルギーを引き起こす第一の原因には、ドッグフードが多いです。
大抵の犬の場合、1、2種類の食物に対してアレルギー反応を起こすことが多く、それらの食物に含まれるタンパク質や炭水化物が、原因といわれています。これはドッグフードの値段の高い安いにかかわらず、同じ材料が使われていれば、アレルギーは出る可能性がありますので有名であるとか無農薬などで高価であるという事は一切関係ありません。
どの食物がアレルゲンになりやすいかどうかは、犬によって個体差が大きいので一概には言えませんが、その食物に含まれるタンパク質・糖タンパク質などの構造や分子の大きさに関係があるということも研究などで報告されています。
免疫グロブリン(抗体)の中には、消化器官の粘膜に多く存在するものがあります。そしてその働きが弱まると、消化管の透過性が高くなり、栄養成分が大きな分子のまま吸収されていきます。そうなると、体の免疫系にとっては、異物として認識される傾向が高くなって、アレルギー反応が出やすくなると考えられています。
そうなると、体の免疫系にとっては、異物として認識される傾向が高くなって、アレルギー反応が出やすくなるのです。
犬の食物アレルギーの原因となる主なものには次のような食物が挙げられます。

 

●卵・魚・肉類牛肉、鶏肉、豚肉、魚、卵
●穀類: 大豆、小麦、大麦、ライ麦、オーツ麦、トウモロコシ
●その他:乳製品

 

またアレルギーに近いもので食物不耐性ががあります。食物不耐性で代表的なものは、ラクトース不耐性があげられます。これは、犬の多くが牛乳などに含まれているラクトース(乳糖)を分解する酵素であるラクターゼを十分に持っていないので、嘔吐や下痢などを起こすものですが、もちろん個体差もあるので、犬の中には、牛乳を飲んでも全然平気な場合ももちろんあります。

犬の食物アレルギーの主な原因関連ページ

犬の皮膚疾患
愛犬ワンコの病気皮膚病やアレルギーなどなどありますが対策と予防について解説します。
犬の脱毛の主な原因
「夏の初めから夏」以外の季節に全身の毛や体の一部の毛が異常に抜けるようであれば異常を疑った方がいいでしょう。考えられる原因として皮膚病、ホルモン分泌の異常
犬の療法食とは
療法食とは、「完全無欠で理想的な食事」のことではありません。本来、療法食というのは名前のとおり病気の治癒を目的として「一時的」に食べるためのドッグフードです